スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日(木)鮎釣り狩野川
Thu.07.07.2005 Posted in 釣り
07-07kanogawa1.jpg
7月7日は七夕の日。
天の川は見られるでしょうか・・・。

みなさんは何かお願い事しましたか?
釣り人の願いは、、、雨に降られず狩の川の鮎に逢えます様に~☆″だったそうです(笑)

そう、今回の釣行は伊豆天城の狩野川上流です。
朝8時過ぎ狩野川に到着後、2時間掛けて7ヵ所もの川見をし、
やっと上流西平地区の白壁荘裏淵に落ち着いたそうです。
宿泊は良いポイントに入るが為に必然的に白壁荘となりました~。
(白壁荘らせん階段を利用すれば淵に出られるから。)

やっとの思いで釣り場を見付けたはずが、釣りはじめ調子は上がらず、12㎝以下のリリースサイズが多かったらしい。左写真、田毎の淵で松岡が手にした鮎は12㎝ほどの可愛いサイズ。毛鉤釣りは魚に優しい返しの無いとても小さな針を使う。リリースされた鮎たちは元気良く川へ帰って行くのだという。
アタリ針は山桜朱玉、元黒、えりこく3号。

有名な毛鉤釣りポイント、田毎の大淵での出来事。
ドブ釣り名人の山口氏に会った。
後からやって来た松岡&水谷にこころよく場所を譲ってくれ、
山口氏は対岸で立ち込みの釣りとなった。
名人の心配りと余裕に松岡は心を打たれたそうだ。
せっかくの好意も虚しく、田毎での釣りは不調に終わった。

この日二人で釣り上げた鮎19匹を旅館で料理してもらう。
料理の仕方がうまいのか釣り上げた鮎がうまいのか、絶品!
すべての料理が最高に美味しかったと言う。

食後の松岡の卓球。
水谷氏曰く、師匠の玉を打つ動きの早さにびっくりして写真がボケてしまったそうです。
しかし、老師松岡のエネルギーは尽きる事が無い;;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。