スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月8日(金)鮎釣り狩野川
Fri.08.07.2005 Posted in 釣り
07-08kanogawa1.jpg


狩野川2日目、朝4時起床。
昨夜、水谷氏はずっと誰かに見られている様であまり寝むれなかったようだ;; いたたまれず松岡を起してしまったらしい(笑;)

白壁荘裏淵で朝食までの間に8匹Get!
松岡早朝から絶好調!左写真、大物で型の良いのを釣り上げごっきげん♪

山道を歩き汗ダクの強行軍であったが沢を下ってついに淵にたどり着いた。淵は最高に良いポイントで鮎がギラギラと苔を食んで群がっていた。松岡大興奮!夕方6時頃まで粘ったが不思議なことに鮎は毛鉤を追わなかったそうだ。

さて、水谷氏はというと。。。下流平場で入れ食い状態~♪
こっちで一緒に釣りませんかぁ~!と声を掛けても師匠は頑なにその場を動かず釣っていたそうだ。
水谷氏曰く、本格的な淵(ドブ場)で釣ることに毛鉤釣りの粋をイキガイにしているのだと納得させられたそうだ。


松岡から一言。
毛鉤釣りは毛鉤の選定が面白い。アタリ針、自信針を探し極めることの奥の深さ。釣れても釣れなくても不思議なことが多く魅力の尽きない楽しい釣りだ。

◇毛鉤釣りの格言◇
一に釣り場、二に腕前、三に毛鉤

水谷氏から一言。
今回初めての釣り場所(鈴ガ淵下流の淵)で勝手がいまひとつ掴めず苦労したが、師匠の釣り師としての大きさに改めて感服。
釣れれば良い、だけではなく松岡流の枠を思い知らされた釣り行だった。

釣果 7月7日 二人で合計19匹 延釣時間6時間
    7月8日 二人で合計31匹 延釣時間10時間

写真提供 水谷氏
レポート協力 松岡&水谷

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。