スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月22日(月)興津川 鮎釣り
Mon.22.05.2006 Posted in 釣り
釣り人の戯言

雨 
いよいよ待ちに待って待って?疲れぎみの釣り人達の物語・・・?
いつもの事ではあるが解禁日前は眠れない寝られない。
嬉しくて、期待とやる気と希望でMAX状態!
松岡宅9時50分着 
師匠はもう玄関前で仁王立ち!釣り縅鎧に身を固め
待ち構えた出陣前の武士のよう、、、顔はにこにこでフニャ。 
いざ興津川へ
06-22kawatsu1.jpg


興津川 12時 到着
いつものことだが、あっという間に着いて
「早いねぇ」と師匠。2時間休憩ナシのしゃべりっぱっなし!
昼食を重く?とりゆっくりしてしまう何事も余裕が大切。
(そばにとんかつ、小鉢と漬物と白飯、デザート夏みかん。食後はコーヒー&チーズケーキ)
午後2時とにかく竿をだすがあいにくの雨(立花地区左岸)
雨は見ない!鮎がきらめく、川底が見えるだけ!
足取りも軽くほっとけば二人でスキップしそう!?
二人あわせて121歳。人間っていいなぁ 夢見る釣り人達。
・・・ってのもつかの間 師匠は早くも勝負師の目キラリ
二人並んでつり始める途端に入れ食い状態。
まるでかつお船の漁師だ。
毛ばりの選定をする間も無いほどだ。
その日の夜はいうまでも無くごきげんな釣り人達であった。
釣りポイントの作戦会議をする
増水の為普段と微妙に違う流れ
笹濁りと薄濁りの中間ぐらいの川色
気温が低く小雨状態
ポイントの見極め、毛ばり選定が難しく
鮎の落ち着ける場所を探すのが良いようだ。
なーんて考えながら眠ってしまう。
しかし、、早く寝すぎたせいか夜中の2時半に
二人して目がさめてしまう。
明日が早く来ないかと思う気持ちは同じ。
「まだ早いよねぇ」「うーん アハッハッハ」
とうとう明かりまでつけてしまう。。。
師匠は竿の手入れを始めて
私は夜中の体操(柔軟体操)
師匠一言「となりに柔道選手がいるみたいだ」
私も一言「夜中に竿の手入れする人いないよぉ~」
盛り上がりを抑えつつ
明日の為 仕方なく再び布団にはいる。 by Mizutani

今日の釣果
二人で61匹(13cm~16cm)
延釣時間4時間 当りバリ(二人だけの秘密) 
二人のごきげん度80%・満足度40%
(この違いは釣り人のみ知る)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。